「なら、らぶ、りぶ」な理由

地域で育てる

先進的かつ、きめ細かな教育を地域全体で支える

質の高い公教育

子どもの学び。大人の学び。つながる学び。

奈良市では、幼小連携・小中一貫教育の中で質の高い公教育の実現を目指し、グローバル人材を育成します。
生まれ育った地域を誇りに思い、夢を実現する力を持つ子どもを育て、本市で育った子どもたちが本市の将来の発展に貢献し、また、さらに次世代へとつなげていく、という世代間の好循環を生み出します。

奈良市の小中一貫教育

9年間の連続した学びの中で、確かな学力と豊かな人間性の育成を図る小中一貫教育を展開

奈良市の小中一貫教育は、地域と連携しながら、各中学校区において、小中学校の教職員の協働と奈良の特色ある教育を推進しています。
各中学校区では、教科指導や生徒指導、特別支援教育の部会などを設置し、それぞれの「中学校区教育ビジョン」に基づき、小中学校の教職員が共に手を携えて子どもの教育にあたっています。

奈良市の小中一貫教育についての説明図。

子どもたちに学習や体験の場を提供しています

「キッズ学びのフロア」をご存知ですか?

奈良市はぐくみセンターのキッズ学びのフロア(9階)では、好奇心旺盛な子ども達のために毎月多彩なプログラムを用意しています。
科学実験教室、ものづくり体験教室、天文教室などがあり、無料プログラムや申込不要で参加できる教室もあります。
平日は小学校や園を対象とした「わくわくセンター学習」、土日・祝日は、子どもと保護者または引率者を対象とした「キッズホリデークラブ」を開催しています。
プラネタリウムも人気です!
大人だけで入場できるナイトプラネタリウムもありますので、ぜひご利用ください。

「プラネタリウム内観」の写真と「キッズホリデークラブの様子」の写真

地域で決める学校予算事業

「すべては子どもたちのために」を合言葉に、地域全体で子どもを守り育てる体制づくりを推進

奈良市では、平成22年度より中学校区を単位として、「地域で決める学校予算事業」を展開しています。
これは、学校と地域住民が連携・協働し、子どもの学びの充実を目指す取組です。
この取組が、住民や企業・団体の地域参画のきっかけとなり、子供たちと共に育つ地域づくり(地域振興)が進んでいます。

「小中合同しめ縄づくり」の写真

「『魔法の杖』カブラ遊び」の写真「田植え体験」の写真

奈良市教育だより「きらめき☆奈良」をPDF形式でダウンロードできます。

奈良市の教育施策や事業を紹介した広報紙

奈良市では教育施策や実施事業について、より分かりやすく情報発信するため、「きらめき☆奈良」を発刊しています。

  • 「学校・家庭・地域で子どもたちを育てる」~地域教育推進事業について~。
  • 授業にタブレットを導入し、ICTを活用したアクティブ・ラーニング。
  • 産学官連携による市立一条高校の教育改革。

などなど、子どもの豊かな学びのための充実した教育施策の取組を紹介しています。

「学校給食の様子」や「タブレットを活用して学習する生徒たちの様子」の写真

奈良市食育つながるネット

保育所・幼稚園・学校・大学・公民館等での食育推進

奈良市食育つながるネットは、第2次奈良市食育推進計画に基づいた、ネットワーク化事業です。
食育の取組みを実践している団体や個人の方、食育情報を必要としている方など、参加者がお互いに交流や情報換をするための事業です。

「奈良市食育つながるネット」に参加するとできる3つのこと。

  1. 交流会、事例発表会、講習会の参加
  2. 市ホームページで登録参加団体の紹介
  3. 食育情報メールの配信

「彩マーケット」開催時の写真

「なら、らぶ、りぶ」な理由は他にも

  • お仕事も、子育ても|「働きながら子育て」を応援する支援サービスが充実

    詳細はこちら

  • 見上げれば、広い空|手が届くほど身近な距離に歴史と自然がある生活環境

    詳細はこちら

  • 地域で育てる|先進的かつ、きめ細やかな教育を地域全体で支えます

    詳細はこちら

  • 「ほっ」と、美味しい|ランチがおいしい話題のお店よりどりみどり

    詳細はこちら

  • 補助金の支援|暮らしや転居に関する制度について

    詳細はこちら

ページの先頭に戻る