欲しいものを我慢しすぎるとストレスがたまる?欲しいものが我慢できない人の特徴や本当に欲しいものを見極める方法をご紹介します。

ミズキ
お金がギリギリだから欲しいものなんて買えない…

と毎月ため息をついていませんか?

あまりに我慢を重ねているといつか爆発して、

欲しいものを手あたり次第買ってしまうことも考えられます。

しかし欲しいと思ったものをすべて買っても満足できるとは限りません。

なぜなら「欲しい」と思った理由によって、満足感が変わるからです。

あなたは自分の「本当に欲しいもの」を知っていますか?

ナミ
今回は「欲しいものを我慢できない人の特徴や

本当に欲しいものを見極める方法」についてご紹介しますね。




欲しいものが買えない、ストレスがたまるばかり・・



欲しいものを我慢しすぎると、次のような悪影響が出ます。


・日常生活のささいなことでイライラする

・毎日が楽しくない

・欲しいものを買っている人に怒りが湧く



日本人は我慢を美徳と考えますが、我慢しすぎるとむしろ毒です。

でも「お金がないから…」と買うことを諦めている人もいるでしょう。

そしてお金がないときに限って、すごく欲しいものが出て来たりするんですよね。

だからといって生活費を切り詰めると

また別のストレスになりますからおすすめしません。

こんなときは毎月少しずつお金を貯めておく

欲しいものが出てきたときに買えるようになります。

数千円ずつでいいのです。

たとえ欲しいものの全額に届かなくても、

半分くらいまかなえたら買うハードルがグッと下がります。

欲しいものを買って、人生の満足度を上げていきましょう。



欲しいものを我慢できない人の特徴

ミズキ
欲しいものを我慢できない人には、以下のような特徴があります。


1・買うことが目的


一番多いのがこのタイプです。

「買っている瞬間が最高に楽しい」「買い物していると気分が上がる」

と気に入ったものはすぐに買ってしまいます。

しかし買った商品を使わないことが多いのが特徴で

「買うことそのもの」が目的になっているんですね。

2・限定品に弱い


「期間限定の価格」「限定生産」と聞くと我慢ができずに買ってしまうタイプです。

買えなかったら損をしたような気持ちになるのが特徴です。

「価値の高いものを買えた」という満足感のために買っています。


3・病気


生活に支障が出るくらい我慢できない人は「買い物依存症」の可能性があります。

仕事や家庭に大きなストレスがあって、買い物で発散している状態です。

「ちょっとおかしいかも」と思ったら心療内科を受診してみましょう。



欲しいものを全部買ったら本当に満たされる?



ミズキ
欲しいものをすべて買ったらあなたの心は満たされるのでしょうか?

ナミ
結論からいうと一瞬だけ満足できますが長続きしません。

なぜなら次から次へと魅力的な商品が出てくるからです。

商品というのは、進化してより良いものになっていきます。

そのためどれだけ買っても「もっといいものが欲しい」

「最新型が欲しい」となっていきます。この連鎖は終わりません。

お金がなくなっていくだけです。

「ステキだから欲しい」という一時の感情に引っ張られてしまって買っても、

本当に心から欲しいものでなければ満足は一瞬で過ぎ去ります。

欲しいものを全部買うことに憧れはありますが最終的に虚しく感じてしまうでしょう。

あなたにとって譲れない大事なものは、実はそんなに多くないのです。



欲しいものが頭から離れない時の対処法



ミズキ
寝ても覚めても「欲しいものが頭から離れない!」というときは

以下の3つの対処法を試してみてください。


・欲しいものから離れる


欲しいものを見つけると、買う以外の選択肢が見えなくなると思います。

店頭であれば一度お店を出ましょう。

ネットであれば3日くらい商品ページを見ないようにします。

そうすると少し冷静になって判断できるようになります。


・お手入れやメンテナンスができるか


商品によってはメンテナンスや保存の仕方が面倒なものもあります。

まず商品説明を読み、不明な点は確認するか調べてみましょう。

「面倒だからできそうにない」と思えば購買意欲にブレーキをかけることができます。


・今持っているものを確認する


買う前に今ある自分の持ち物を確認してみてください。

似たようなものをすでに持っていませんか?

「これでないとダメ」という理由がない限り、買っても使わないかもしれません。



本当に欲しいものを見極める方法



本当に欲しいものを見極めるためにやってほしいことは3つあります。


・誰かに自慢するために買わない


「いいね」が欲しい、羨ましがられたい、ステキだねと言われたい…

これらはすべて他人の評価が基準になっています。

むしろ誰の評価も関係なく「これが欲しい!」と思えたら

それこそが「本当に欲しいもの」です。


・安物を買わない


本当に欲しいものが高額で買えないからと安物で

代用することを続けていると本当に欲しいものがわからなくなっていきます。

自分の気持ちを誤魔化さないことがポイントです。

大切な人へのプレゼントを買うような気持ちで

いいものを自分に贈ってあげましょう。


・すぐ買わない


本当に欲しいものは、何ヶ月経ってもほしい気持ちは変わりません。

また欲しいもののリサーチをしていると、

もっと自分の希望に合ったものに出会えることがあります。

少しだけ時間をかけて欲しいものと向き合いましょう。



まとめ



欲しいものを我慢しすぎるのはよくありませんが、

何でも買ってしまうのはもっとおすすめできません。

なぜならこれから先もずっと魅力的な商品が発売され続け

そのたびに買っていたら破産するからです。

あなたが「欲しい」と思った理由がもし他人からの評価を得るためでしたら

それはあなたが本当に欲しいものではありません。

誰に評価されなくても幸福感を感じられたらそれがあなたの本当に欲しいものです。

ナミ
本当に欲しいものがわからないときは、自分を見つめ直すいいチャンスです。

「買う意識」を変えて、人生の満足感を高めていってくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)