職場で声が大きいのはノイズハラスメント?職場で声が大きい人・声が大きくてうるさい女性の特徴や声が大きい人が迷惑でストレスを感じた時の対処法まとめ





ミズキ
職場で小さい声で喋られるのも困りますが、

大きい声でずっと喋られることもうるさくてストレスですよね><

大きい声でずっと喋れると周りの人が集中できなかったり、

業務上の連絡事項を伝えられているのに聞き取れなかったりします。

職場での会話は必要ですが声のボリュームや話している内容によっては

周りの人から反感を買っているかもしれません。

ナミ
今回は職場で声の大きい人や

声がうるさい人の特徴、対処法をご紹介したいと思います。

職場に声が大きくて困っているという方は参考にしてくださいね!



職場で声が大きい人・話し声をうるさい人がいてストレスを感じる



ミズキ
どこにいてもうるさい人はいますが

職場で「うるさい」と感じるのはどんな時でしょうか?


職場で「この人うるさいな~」という人は声が大きく、耳につく声質の人が多いです。

声が大きい人は、わざとやっているのではないことがほとんどだと思いますが、

自分の声が人より大きいということに気を使ってもらえるとこちらもありがたいです。

このような声が大きいだけならまだ我慢はできますが

一番我慢が出来ないのは大きい声で仲のいい人たちとおしゃべりしている人です。


あたかも「私には仲のいい友達がいるんですよ!」

そう言わんばかりのアピールに見えますし

おしゃべりしている人が職場にいると「喋っていないで働けよ!」と

思ってしまうのでとてもイライラしてしまいます。



職場で声が大きい人、うるさい人はノイズハラスメントになる?



ナミ
ノイズハラスメントは大きな声の他にも

咳やため息、舌打ちや鼻をかむ音、

さらには咀嚼音やパソコンにキーボードをたたく音も

ノイズハラスメントにあたります。

「もう少しボリュームを下げて話してもいいんじゃない?」と

思うほど大きな声で喋る人は自覚がなく大声になっています。

人からもう少しボリューム下げてと言われたところで、

本人はこの声が通常なのでなかなか治すこともできません。

声の大きな人と仕事をすることを何とも思わない人ももちろんいます。

しかし、世の中にはいろいろな人がいるので、

大きな声の人と一緒に働くことを嫌がる人もいます。


そんな人からしたら、声が大きな人は

立派なノイズハラスメントに該当するといえるでしょう。




職場で声が大きい人、話し声がうるさい女性の特徴



ミズキ
職場でおしゃべりが大好きで、仕事そっちのけで話している女性がよくいます。

そのような女性に共通する特徴をここではご紹介していきたいと思います。


好きな人に注目されたい


声が大きい女性は自分が気になっている相手から注目されたという願望があって

声が自然と大きくなっているのかもしれません。

気になる彼に振り向いて欲しい、喋りかけてもらいたいという

気持ちから声が大きくなってしまうのです。


②承認欲求が強い


周りの人ら認められたという心理が働くと声が大きくなる人がいます。

声が大きい女性はテンションが爆上がりしているので歯止めが効かなくなっています。

街に買い物に行った時でも可愛いものを見つけた時に大抵の女性は

「かわいい~」「ほしい~」とキャピキャピ騒いでいませんか?

あのテンションを職場にもってきてしまっているので声が大きくなるのです。


④承認欲求が強い


周りの人ら認められたという心理が働くと声が大きくなる人がいます。

自分を認めて、褒めて欲しいと願望が強い人ほど

声が大きくなる傾向があるのではないでしょうか?


⑤気持ちに余裕がない


声が大きな女性は気持ちに余裕がないのかもしれません。

気持ちに余裕があれば穏やかに話すこともできますが、

時間にいつも追われていたり、プライベートでトラブルがあったときなど、

気持ちに余裕を持つことが出来なくて声が大きくなっているかもしれません。



声が大きい人が迷惑でストレスを感じた時の対処法



ミズキ
声が大きい人が本当に無理。

なんでこっちが我慢しないといけないの・・?

ナミ
職場で声がうるさい人がいる時にできる対処法をご紹介しますね。


①耳栓で音をシャットアウトする


耳栓をして外から聞こえてくる音を気にしないようにしてみましょう。

今や100均でも耳栓は売られているので、簡単に手に入れられることが出来ます。


②引継ぎノートに書く


会社に引継ぎノートや意見箱などがあるならおおいに活用しましょう。

その時に書き方には注意をしてください、

名指しで投函してみたり、あまり攻撃的な内容にするのではなく、


「コミュニケーションも大事なのはよくわかるのですが、

声が大きすぎたり、物音をたてすぎたりすると

仕事に集中できなくなるので気を付けていただきたいです」



と、いった感じでやんわりと伝えるようにしましょう。


③集中できる環境を整える


声の大きい人が気にならなくなるくらいあなたが集中できる環境をつくりましょう。

デスクの上に観葉植物を置くのでもいいですし、

いい匂いのするアロマを焚いてリラックスできる環境をつくりましょう。


④その場から離れる


どうしても大声が気になって仕事がはかどらなというのであれば、

一度その場から離れてリフレッシュしましょう。

外に出ていくことで「ちょっとうるさかったかな?」と察してくれる人もいるかもしれまんよ。



職場で声が大きい自分で自覚ができない時の上手な伝え方



ミズキ
声が大きいけど自覚がない人に注意する時の注意点をご紹介します。


①穏やかに話すことの効果を説明する


突然「声がうるさい!!」と伝えると喧嘩腰になってしまうので、

穏やかな話し方を心掛けながら声が大きいと威圧的に聞こえてしまうことや

声のボリュームを気を付けるだけで好感度が上がることなどを説明してあげましょう。


②個人情報漏洩の危険性を伝える


会社内で話している時はまだいいのかもしれませんが、

その声のボリュームでカフェや居酒屋などで話したときに

個人情報や会社の部外秘になっている情報などを

話されてしまうととても危険性が高いことを教えてあげましょう。


③周囲が騒がしいせいなのか尋ねる


もしかしたら、声が大きい人は周りがうるさいから

自分の声も大きくしなければならないと思っているかもしれません。

その場合は「こちらに何か問題がありましたか?」と

低姿勢で話しかけるようにしてみて下さい。

謙虚な姿勢で指摘されれば自分が周囲に迷惑をかけていたと

素直に自覚できるとおもいます。



まとめ



声が大きい事は悪い事ではありません。

むしろ声が大きい方が物事をしっかり伝えることができるので

小さいよりは大きい方が社会人としてはいいとおもいます。

人に物を伝えるという面でいえば大きい声はいいことなのですが、

いろいろな人がいる中で仕事をするという面で考えると

大きい声を嫌がる人もいるのでそこは注意が必要になってくるのではないでしょうか?


ナミ
物事には必ずいい面と悪い面があるので

臨機応変に「今は大声で話していい時と、今は大声で話すべきではない時」を

使い分けるようにしましょうね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)