職場で新人を育てるのがうまい人の特徴!新人や部下を育てるのがうまい人、下手な人の特徴と教えるのがうまい人はなにをしているのか?ご紹介します。

ミズキ

職場で新人を教育するのが上手い人っていますよね?

そのような人をみると「この人は人生何回目なんだろう?」

なんて思って感心したりしませんか(笑)?


どうして、イライラしないのだろう?

どうしてそんなに新人に慕われるのだろう?

他の人とは何が違うのだろう?



自分もそうなりたいなって思ってもなかなかうまくいかないこともあると思います。


ナミ
今回は職場で新人や部下を育てるのがうまい人、下手な人の特徴と

教えるのがうまい人はなにをしているのか?ご紹介します。

人を育てることに興味がある人は一度目を通してみて参考にしてくださいね^^




職場で新人や部下を教えるのがうまい人の特徴



ナミ
職場で新人さんや部下への教え方が上手な上司には、いくつかの特徴があります。


まず1つ目は、カリスマ的なリーダーよりは

穏やかで頼れるチームメート的な立ち位置の上司が多いです。



人を育てるのが上手い上司は、自分が優位な場所に立ちながら

上から目線で教えるのではなく

同じ土俵で分かりやすく説明することがとても上手なのです。


2つ目の特徴は、部下の話に耳を傾けてくれるという点があります。


部下が上手く言えないことを察したり、

置かれている環境や心理状態なども総合的に把握しながら

部下にとって最適なアドバイスや指示を出してくれるのです。


3つ目の特徴には、成長できる機会を与えてくれるという点があります。


部下の失敗を全て上司がしりぬぐいするのでは

部会にとっては成長する機会がなくなってしまいますよね。


そうではなく、失敗から立ち直る方法についても、

きちんと指導してくれる先輩や上司の方が

長期的には部下を育てるのが上手いと言うことになるでしょう。


人を育てることに関して上手くなるためには

部下を叱る事よりも褒めることを意識してみると良いでしょう。



部下は社員として自分よりも経験やスキルが低いわけですから、

叱る事に意識を集中していたのでは、叱ってばかりになってしまいますよね。

叱ることはもちろん必要ですけれど、

部下の成功をしっかりと認識して褒めることで

その部下のやる気やモチベーションをアップできます。

言い方はポジティブで、他人と話をする際に

ネガティブな言い方をよくする上司もいれば

ポジティブな表現方法を使う上司もいますよね。

人を育てるのが上手い上司は、ポジティブな言い方がとても上手なものです。

ミズキ
「そうしたらダメだよ」というのではなく

「こういう風にすればできるのでは?」と言ったほうが、

言われた方にとってはやる気をそがれませんし、

頑張って成功したいという気持ちになりやすいですよね。




部下を使うのが上手い上司の特徴



ミズキ
人を育てるのが上手い上司の多くは部下を使うことにも長けています。

職場においては、部下にいろいろと頼むよりも

上司が自分ですべて片づけたほうが時間もかからずに楽と言うことは多いものです。


しかし、それでは部下を成長させることはできません。


部下を上手く育てるためには成長できる機会やチャンスを多く与えることが大切なのです。

部下を使うのが上手い上司は、自分のやり方を相手に押し付けないという特徴があります。

私達はみな性格が違いますから、アプローチ方法や考え方も異なります。

そうした違いや個性を尊重できれば、

部下に仕事を任せても部下のやり方でトライさせそれを認めることができそうですね。

部下を使うのが上手い上司はまた、お手本を見せることが上手です。

口だけで仕事を指示しても言われた方は

分かりづらいということは多いですし伝わりにくいこともありますよね。

そんな時、実際に上司がお手本を見せてくれれば、

部下にとってはより明確に指示を理解できるので職務に取り組みやすくなると思いますよ!



職場で教えるのがうまい人は優しい?



同じ指導をされても教える人が上手な人から教わると

上達のスピードが速かったり、自信を持てることが多くなります。


教え方が上手い人は「わからない人の気持ちがわかる」人なのです。


分からない人の気持ちが理解できる人は

相手の心に配慮した説明の仕方ができるので

教えるのが上手で優しい心の持ち主なのです。

人は自分と同じように物事を考えるわけではありません。

優秀な人の中には「わからない」ということを経験したことがない人もいます。

そのような人が人を教えると「頭が悪い人を教えるのは疲れる」

といったような発言をして教える相手を傷つけたりするのです。

ナミ
優秀な人は仕事はできるのかもしれませんが

優しさがないために人を教え育てることはできません。

人を育てることが出来ない人は会社を育てることも出来ないのです。



職場で新人や部下を育てるのが下手な人の特徴



人を育てるのはとても難しい事です。

とりわけ今は多様性の時代なので

人それぞれの個性があり仕事への考え方も異なります。

さらに今の新人や若手は個性が認められることが当たり前の環境で

育っているので昔ながらの育成方法では

すぐにメンタルをやられてしまい育つことはまずありません。


ミズキ
人を育てることが下手な人は部下の教育に無関心な傾向にあります。


部下がどのように自分から仕事を学ぶのか?部下に何を学んでほしいのか?

そういうことにまったく興味がなく

ただ「教えてと言われたから教えています」

みたいなスタンスでいる人は教えるのが下手くそです。

人事育成が下手な人ほど部下に興味がなく

自分さえよければそれで良いと考えているのです。



指導できる人、職場で教えるのがうまい人はどんなことをしている?



ナミ
職場で部下への教え方が上手い人は以下のことを注意しながら人を教育しています。


①優しく柔らかい姿勢で接する


右も左もわからな新人さんや部下を教える時に

威圧的で横柄な態度で教えられたら相手は委縮してしまいます。

力関係で相手を支配しないように心がけています。


②対等な関係を意識する


人を教えると、どうしても教わる方が劣って見えます。

しかし、それは知識面だけの対等な優劣にすぎません。

相手を一人の人間として受け入れ、尊重することを忘れていません。


③知らないという前提から入る


最初は誰でも初心者です。自分だってそうだったはずです。

自分が教わっていた時のことを思い出して

「そんなこともわからないのか」と思わないようにしています。


④いつでもフォローする


人を教育するということの目的は「自立」です。

せっかく教えたことでも人間は翌日には70%以上は忘れているものです。

教えたことをいかに長期的に記憶してもらうかが自立させるためのポイントなのです。

教えた相手に「わからないことがあれば何でも聞いて下さいね」

というフォローをする体制がいつでもできるようになっています。


⑤手本を見せた後に説明する


まったく分かっていないことをいくら口で説明しても

理解するのはなかなか難しいものです。

そこで、あれこれと説明するよりも前に

まずは手本を見せることで相手の理解度はグッと上がります。

手本を見せた後に今のはどういう作業だったのかということを説明するようにしています。

このように人に教えるのが上手い人はいつも相手を思いやる行動をしているんですね。



職場で人に教えるのがうまい人に向いている仕事



人に教えるという仕事はいくつもあります。ここでは7つほどご紹介したいと思います。


・保育士

・家庭教師

・学校の教師

・外国語教師

・スポーツインストラクター

・楽器インストラクター

・セミナー講師



以上7つです。


人の成長に喜び感じ必要な支援をしてあげれたり

物事に粘り強く取り組む忍耐力のある方。

また、分かりやすく教えるテクニックとコミュニケーションを

取れる方などは人に教える仕事に向いていると思います。


ナミ
余談ですが私が学校で教わっていていつまでも覚えている先生は

粘り強く生徒に向き合い時には本気で叱ってくれ

時には本気で泣いてくれる先生でした。


このように本気で人の成長を考えてくれる人から

学んだことはその人から離れた後からでもいつまでも覚えているものです。

人に教えることが向いている人は

いつまでも人の心に残る人ではないでしょうか?



まとめ



人の成長を心から喜び、自立を促せる人は人を教えるのが上手です。

逆に人に関心がなく、新人や部下の成長に脅威を感じて

「出る杭を打つ」タイプの人は人に教えることは向いていないので、

もし会社から教育担当をお願いされたら、丁重に断るようにしましょう。

新人や部下の成長を喜べない人が人を教えても

結局は育たないので時間の無駄になってしまいます。

ナミ
もし、あなたが人を教えるのが上手い人になりたいので

あればまずは新人や部下の成長を喜べる人間になってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)