仕事についていけない40代の悩みを解決!仕事についていけない、覚えられない40代の理由と仕事が覚えられなくて怖いと思っている時の解決策をご紹介します。

40代は人生の分岐点とも言えます。

今までは少しくらい無理をしても1日寝れば次の日には元通りに働ける体だったのに、

40代にさしかかると1日寝たくらいではなかなか疲れがとれないのです。

ミズキ
疲れが取れないと仕事で集中力もなくなり、仕事についていくことができなくなりますよね。

ナミ
今回は仕事についていけない40代の解決策などをご紹介しますね。

これから40代に差し掛かろうとしている人も

もうすでに40代にさしかかった人も一度目を通してくださいね!



40代だけど仕事についていけなくて悩んでいる・・



ミズキ
世の中の40代の人はどのポジションで仕事をしているのでしょうか?

ナミ
40代だけど平社員、40代だけど主任、40代だけど新人、

40代だけど社長と、いろいろなポジションにいることだと思います。

その中でも40代だけど新人でしかも仕事になかなかついていくことが出来ない人がいます。

40代だけど仕事についていけない人は脳が老けてしまっていたり、

失敗したくない気持ちが優先してしまい仕事が上手くできなかったり、

時代や環境の変化についていくのが苦手だからだと考えられます。

40代は就職してから様々なキャリアを積み重ねてきています。

ナミ
なので、仕事ができなくてはいけないと思い込んでいるから

仕事についていけなくて悩んでしまうのではないでしょうか?



40代で仕事を覚えられないのはもしかして病気?



ナミ
40代で転職をしてみたけど、昔みたいに仕事を覚えることが出来ない・・

そう悩んでいませんか?

年齢とともにだんだん覚えることが多いと辛くなってきますので

基本的には病気は関係ありませんが

その原因にもしかしたらストレスなどから来る「心の病気」が隠されているかもしれません。

「やる気があれば、仕事はすぐに覚えられる」

と転職したばかりの頃は思っていたかもしれません。

しかし実際に働いてみるとなかなか仕事が覚えられず、周りに迷惑をかけてばかり・・


それはもしかしたら「うつ病」などが原因かもしれません。


自分の働き方を振り返ってみて

他社のペースに合わせるのが苦手と感じたことはありませんか?

また、口頭で説明するのが苦手だったり、

ひとつのことに集中することが苦手だったりしませんか?


もし自分が少しでも働くのがしんどいと感じたら

少し休職をしたり一度診察のほうを受けてみてはいかがでしょうか?

何かあってからでは、働けなくなってしまいますので決して無理をしないで下さいね。



仕事でわからないことだらけで辛い40代の特徴



ミズキ
仕事でわからないことだらけで辛い40代の特徴をご紹介しますね。

①同じミスを繰り返す

人間はミスをするものです。

しかし同じミスを何度もするのは何にも考えていないと周りから見られてしまいます。

事実何も考えずに仕事をしていると同じことを何回も聞くことになります。


②同じ質問も繰り返す


上記と一緒でなにも考えずに仕事をしていると同じ質問を同じ人に何回もすることがあります。

社会人で「それはないだろう・・」と質問されている人は思っていいるはずです。


③指示待ち人間


自ら動くことが出来ないので指示待ち人間になります。

すべてに共通することですが、何も考えていない人間は「仕事ができない人」です。

自ら考え動ける人は指示待ち人間になることはありません。


④結果や成果が出ていないのに、自分の考えを曲げない


結果や成果を出している人の言っていることなら素直に従うことが出来るのですが、

結果や成果も出していないのに自分のやり方にこだわり

それを他社にも強要してくる人は「迷惑」以外の何物でもありません。


⑤人の話を聞かない、他社から学ぼうともしない


自分の考えを曲げず、また、間違っていたことを丁寧に訂正されていたとしても認めることはないのです。

学ぶ姿勢を見せてこない人は一生「仕事がわからない」と悩み続けることでしょう。


⑥ミスを指摘されると機嫌が悪くなる


ミスを指摘されると機嫌が悪くなる人は、自分が損していることに気づいていません。

機嫌を悪くされた時点で、「この人に何か言うのは辞めよう」と思われてしまうからです。

最初は「細かいことを言われなくなってよかった~」なんて思っているかもしれませんが、

半年もたたないうちにミスを連発して職場の厄介者のレッテルを貼られることになるでしょう。


⑦怒られている理由がわかってない


自分がなぜ怒られているのか理解できていない人は、また、おなじミスで怒られることになります。

しかし、この原因にはADHDなどの発達障害が隠されていることもあります。



仕事が覚えられなくて怖い!40代がついていけなくて悩んでいる時の解決策



ナミ
40代で仕事についていくことが出来ずに悩んでいる時の解決策をご紹介しますね。


①年齢を言い訳にしない


脳は使わなければ年齢とともに衰え、記憶力が低下していきますが、

だからと言って40代を言い訳にしていると、成長することはできません。

「40代だから仕方がない」は問題から逃げているだけです。

年齢を言い訳にせず、しっかりと仕事と向き合いましょう。


②プライドは邪魔なだけ


仕事を覚えるのにプライドは必要ありません。

上司が年下でも敬語で仕事を教えてもらわなければいけない時だっであります。

年下の人から仕事を教わりたくないなんて言っていたらどこに行っても仕事が続くことはないでしょう。

プライドは邪魔なだけです。


③自分を責めない


仕事ができない自分のことを責めてはいけません。

確かに仕事ができないことで周りに迷惑をかけ、自分を責めたくなる気持ちも分かりますが、

自分を責めたところで仕事を覚えることはできません。

自分を責めている暇があるなら少しでもいいので仕事を覚えましょう。


④作業中でもメモを見る


仕事が覚えられない人に多く見られるのが、

作業中にメモを見てはいけないと思い込んでいる人がいます。

メモは作業中にでも見ていいのです。

仕事でやり方に困ったときはメモを見るように癖をつけましょう。


⑤わからなければ何度も聞く


簡単そうでなかなかできないのが「わからなければ何度も聞く」ことです。

人によっては「前に教えたよ!!」と言ってくる人もいます。

しかし、分からないことを分からないままにすることは一番よくないことです。

分からないことをわからないままにしているといつか大きなミスを犯します。

何でもかんでも何回も聞くことは迷惑ですが、自分でいくら考えても分からないことは

聞いた方が早いので何回でも聞くようにしましょう。

嫌味の一つや二つ言われても、大きなミスをするよりはマシです。



40代からでも遅くない!どうしても仕事についていけないなら転職も一つの選択肢



ミズキ
仕事ができない状態のままでいると、

どうしてもいじめのようなことが始まってしまうのが世の常です><

そして、ひび精神的にも肉体的にも疲弊し毎日生きるだけで精一杯な生活に陥っていくのです。

もちろん生活のためと割り切れるメンタルをもっているなら

定年までこのまま働いていてもいいのですが、

そのようなメンタルも持ち合わせていないし、

ずっとこの職場で働くのは嫌だと感じているなら40代でも転職を考えましょう。

「もう、何回も転職してきて私に転職できる場所など残っているのだろうか?」

と思っているかもしれませんね。

しかし、そのように考えるのは辞めましょう。

「今の会社では活躍できる場所がなかっただけ」と考えるようにしましょう。

今の会社であなたが仕事出来なかったのはあなただけの責任ではありません。

あなたが活躍できる場所は40代だってあるのです。

ナミ
諦めずに活躍できる場所を探し続けることで

あなたの未来は明るいものになっていくと思いますよ!



まとめ



40代ってある程度のキャリアを積んでいるので周りから

「このくらい出来て当然だろう」と思われることが多くて本当に生きづらいですよね?

40代だってできないものはできないし、

年下のからも馬鹿にされて嫌になることばかりですが、

働かなければ生活することもできません。

プライドや脳の衰えが仕事を覚えることを邪魔してくるかもしれませんが

負けずに根気強くできることを一つづつこなしていきましょう。

ナミ
大丈夫です。この記事にたどり着いている時点であなたは変われる人間なのです。

変われない人間はこの記事にもたどり着きませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)