腰痛で仕事を辞めたい!腰痛は退職理由になる?正社員やパートが腰痛で会社を退職をするときの伝え方の注意点や辞め方をご紹介します。

ナミ
仕事をしていると、体のあちこちに不調をきたすしますし

なかでも腰を痛める人は多くいると思います。

ミズキ
立ち仕事であっても、座り仕事であっても

長時間の作業は腰は痛めてしまうものですよね><

ぎっくり腰を患てしまったら数日間は動けることもできなくなるのです。

今回は腰痛が原因で退職する場合の伝え方や注意点

腰痛は退職理由にしていい理由などを調べてみました。

自分の腰もいつも痛く「退職」という言葉が頭の片隅にある人は

是非目を通してみてください。




腰痛がひどく仕事を辞めたいけ腰痛で辞めるのは退職理由になる?




人は年齢を重ねるとともに体の様々な箇所に不調が出始めます。

腰痛もその中の一つです。腰痛の辛さは経験しないと分からないものなのですが、

立ち仕事でも、座り仕事でもどちらでも辛いのが腰痛の嫌なところだと思います。

ナミ
ですが、腰痛くらいで仕事を辞めていいのかどうなのか?

悩んでいる方も多くいるのではないでしょうか?


「まだ、我慢できそうだし・・もう少し続けてみよう」


と思いながら働いていたらある日突然、

まったく動けなくなってしまうことがあります。

身体がまったく動かなくなってしまっては、

働くこともできなくなってしまいます。

腰痛を我慢したせいでまったく働けなくなってしまうと

その後の人生にもものすごく良くない影響が出てきてしまいます。

ミズキ
腰痛を退職理由にしてもなんの問題もありません。

しかし、腰痛がでてきたらまずはしっかり病院にかかるようにしましょう。



正社員が腰痛で仕事を辞めるときに診断書は必要?



ナミ
腰痛もひどくなると日常生活もままならないくらい痛くなってしまうものです。

ミズキ
日常生活もままならないのに仕事なんてできるはずがないですよね・・


自分の中で「退職」を決めたものの、退職理由を腰痛にしてしまったら

「会社側から診断書の提出をもとめられないだろうか?」

と不安も抱えている人もいるかもしれません。


結論から述べてしまうと、退職する時に診断書は別に必要ないんですよ。


会社を退職する時に診断書の提出は不要です。

労働基準法にも民法にも「体調が悪くてやめる場合は診断書が必要」

と書かれている項目はどこにもありません。

会社によっては診断書の提出を求めてくるところもあるかもしれませんが

これはプライバシーの侵害になるのでしっかりと拒否しましょう。

けれど、診断書を提出するメリットもあるのです。

なので退職届を出すとき診断書も提出すれば、退職の理解を得られやすいです。

また、即日退職させてくれるところもあるかもしれません。

診断書を提出するかどうかは自分で決めていいのです。



正社員がヘルニアなどを理由に退職を伝えるときの伝え方・注意点



腰痛を理由に退職を伝える時は勇気がいるものです。

スムーズに退職が受理されればいいのですが、


「もしかしたらなにかひと悶着あるかも・・」


と考えるとドキドキが止まらなくなりますよね。

腰痛を理由にスムーズに退職する時の注意点を3つご紹介します。


①腰痛がひどいことを周知させておきましょう。


腰痛がどんどんひどくなっていることを

職場の仲間に知らせて、既成事実を作っておきましょう。

職場の仲間が理解してくれると退職がスムーズにできます。


②診断書を準備しましょう。


先の記事で診断書の提出は自分の判断でいいと述べていますが、

退職をスムーズにしたいなら診断書は必須になります。

診断書があることで誰からも


「この人は体の不調で仕事を辞めざる得ないのだろう」と思ってもらうことが出来ます。


診断書は5,000円~7,000円かかりますが、

会社の理解をこれで買えるのだと思い診断書を作りましょう。


③具体的な症状と周りに感謝を伝えましょう。


腰痛がひどくなっていることを周りに周知させたら

次はどのような症状があるのか伝えておきましょう。

もしも、朝起きて腰痛がひどくて動けない時がある

そんな時は周りに知らせておくと

早退、遅刻、全休をしても職場の仲間の理解を得られやすいです。

ミズキ
腰痛を理由に退職を決めたのなら

しっかり誠意をもって退職理由を伝えるようにしましょうね^^



ぎっくり腰など腰痛でパートを辞めるのは甘えじゃない



ぎっくり腰は厄介なものです。


「痛すぎて動けない」

「一週間動くことが出来なかった」

「なかなか治らない、治ったと思ってもまた繰り返してしまう」



ひどくなれば仕事のみならず日常生活も困難になってしまいます。


「ぎっくり」という名前だけ聞くと

退職するほどのことでもないような症状だと思われてしまいますが、

ぎっくり腰を一度でも経験したことがある人は

いつまた、ぎっくり腰が再発するのか?

という恐怖に不安が拭いきれない状態ないなってしまうものです。

ぎっくり腰がたとえ治ってまた仕事に復帰したとしても

腰をかばってしまい前みたいな仕事をすることは出来ないです。

また、仕事の効率も下がってしまうことは明白です。

このように、ぎっくり腰に怯えながら仕事をしても

結局は周りにも迷惑をかけてしまうだけになってしまうことになります。

なのでぎっくり腰でパートを辞めることは決して甘えではありません。

むしろ自分のためにも周りのためにも退職を考えることは良い選択だと言えるでしょう。



工場など長時間の立ち仕事は腰痛になりやすいので注意が必要です

ナミ
立ち仕事を長時間していると腰痛が出てきてしまい

働くことが辛くなってきてしまいます。

工場では重いものを持ち上げたりする作業があるので

腰痛が出てきやすくなるのが主な原因かと思われますが他にも原因はあります。


一般的に工場での作業では製造ラインの前に立って

作業し続けなくてはならないのですが

その間、体を直立させ続けることは難しく

多くの人は左右のどちらかに傾いてしまっているのです。

そのような傾いた状態で長時間立ち続けていると

骨盤に歪みが生じてしまい、それが腰痛の原因になります。

さらに、同じ姿勢を続けることで筋肉が硬直して腰痛が出てきます。

ナミ
工場勤務で長時間勤務する時は

少しでも身体を動かして筋肉の硬直するのを防ぎましょう。



まとめ



誰にでも起こりうる腰痛。少しの腰痛くらいなら日常でも感じますが、

働くことが出来なくなるほどの腰痛になると

日常生活を送るのにも大変になってきてしまいます。

もしも、あなたが腰痛がひどくて会社を続けようかどうしよう?

迷っているのなら迷わず「退職」を選んでください。

腰痛を直すことが優先順位の一番です。

ナミ
これからまだ長い人生を歩むのに腰痛で働くことが出来ずに

辛い思いをするくらいなら今は治療に専念してしっかり回復に努めましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)