職場でキレたら負けで後悔する!仕事中上司や同僚にキレてしまう原因や職場でキレてしまった時にどうするべきか?解説します。

ナミ
社会人になる自分の感情をコントロールすることが必要になります。

ミズキ
自分の感情をコントロールできないと会社で

突然キレたりする「怖い人」になってしましますよね^^;

しかし、自分の感情をコントロールすることはとても難しい事です。

今回は職場で切れそうになった時の対処法や

職場で感情的になって切れてしまった時の対応の仕方などを調べてみました。

ミズキ
辛い職場で毎日我慢して働いていてストレスがたまっていたり

自分の感情をコントロールするのがあまり得意でない方は参考にしてみてくださいね。



職場でキレたら負け、あとで後悔します!



ミズキ
私たちは人間なのですから感情をもっていて

その感情を時に抑えられなくなる時は誰だってありますよね。

社会人を何年か経験していろいろなスキルを身に着けていくうちに

自分の感情をコントロールするというスキルを身に着けます。

しかし、この感情をコントロールするスキルを完璧に身につけれる人は

どこか人間離れしていなければできないことだと思います。

ある程度のところまではコントロールできるのですが、

日々の体調やプライベートでの辛い出来事があったときなどに

完璧にコントロールできる人はなかなかいないのではないでしょうか?


だけど、職場で感情のコントロールができなくなり

「キレる」とその後会社で働きづらくなってしまうものです。



一度会社で切れてしまうと「危険人物」と認知され、

周りから警戒されることはまず間違いないからです。

感情を爆発させ、威圧や威嚇で相手を押さえつけることができ、

自分が優位に立てる気がするかもしれませんが・・全くの逆です。

キレた方が不利となり職場に居られなくなるのです。

「キレる=とても恥ずかしこと」と認識していないといつか後悔する日が来てしまいます。



職場でキレる人の特徴



職場でキレている人を目撃すると面白半分に見てしまうことがあります。

キレている人は自分が好奇の目に晒されていることに気づいていないのですね。

ここでは、切れる人の特徴を5つご紹介したいと思います。


①異常な正義感がある


正義感が強すぎると、ルールを守らない人を見つけては

「どうしてルールを守らないんだ!!」とキレてしまいます。

「ちゃんとするべきだ!」という正義感が強い人に多いめんどくさいタイプです。


②ストレスが多い


ストレスをため込むと何が起こるでしょうか?そう、感情が爆発してしまうのです。

自分にストレスが溜まっていることを認識でき発散できる人ならいいのですが、

破産できない人は「キレる」という感情を使ってストレスを発散させます。

迷惑以外の何物でもありませんね。


③自分の考えがあり頑固


「自分が若いころはこうだった」「自分はこうして仕事を成功させた」

など自分が上手くいったときの体験や大失敗した体験などを元に「自分の考え」を確立していきます。

自分の考えが正しいのに自分の考えにないことをする人を見るとキレてしまいます。


④せっかちさん


気が短く、せっかちな人です。

この人たちの根底には「不安と自信のなさ」があります。

不安だから完璧にしたいし、自信がないから出来るだけ早く結果を知りたいのです。

すぐに行動して対策を練りたいと心理的な不安が行動にでてしまうのです。


⑤プライドが高く、弱いところを見せられない


自分でも自分のダメなところに気が付いているのですが、そこを認めることができません。

そんなところに「どうして○○をやるのですか?やる理由はなんですか?」

「なぜその考えになったのか教えてください」など

突っ込む人が出てきたときにダメな自分がバレるのが怖くてキレてしまいます。



上司や先輩、同僚にキレてしまう原因



ナミ
社会で生きている限り、様々な場面でキレたくなることはあり

その矛先は、上司であったり同僚であったりします。

では、どうして、上司や先輩にキレてしまうのでしょうか?

仕事が忙しく、自分のことしか見えていない時に上司や同僚にキレてしまうことがあります。

「どうして私だけこんなに忙しいのか?」

「私だけがなぜこんな思いをしてまで仕事をしないといけないのだろうか?」

とすべてのことを周りのせいにしていると自己中心的になりキレやすくなるのでしょうね。

周りの人のことを思いやる余裕があれば、

相手がどういう状況か見極める力が備わっている人なら上司や同僚にキレることはまずないです。

ミズキ
「自分が置かれている状況が辛く助けてほしかった」と

素直に伝えることが出来れば、キレることもなくなるのではないでしょうか?



職場でキレそうになった時に冷静になる方法



ミズキ
自分が切れそうになった時に冷静になれる方法をご紹介しますね。

おすすめな方法として「顕在意識」を使って

「待てよ?なんで今私は怒っているのだろう?」と考えて見てください。


顕在意識とは普段認識できる意識のことで簡単に言えば言葉にできる意識のことです。


私たちがかっとなる時は総じて思い込みであることがほとんどです。

自分が思い込んでいる正義が、侵された時に怒りの感情が発生します。

例えばあなたが

「LINEを送ったのにどうしてすぐに返事を返さないの?

LINEを貰ったのならすぐに返信しろよ!!」

とキレたとします。

しかし、「LINEを貰ったならすぐに返事を返さなければいけない」というのはあなたの思い込みです。

あなたの勝手な思い込みで怒りの感情が湧いているのです。

人によっては職場の人からのLINEはプライベートでは返さない人もいるだろうし

すぐに返さなくてもいいと考えている人だっています。

つまり「自分の考えが正解だ」は思い込みなのです。

そもそも自分の考えが間違っている場合もあります。

なので、自分が切れそうになった時は一度、このように自分に問いかけましょう。

「ちょっと待て!!いま、ものすごく怒っているけど、

 どんな思い込みを持っているから怒りそうになっているのだろう?」

ナミ
キレそうになった時は無意識のまま「あの人本当にムカつく」と

ただ考えているだけではなく、自分の思い込みについて

顕在意識で考えて見ると冷静になることができますよ。



職場で感情的になり切れてしまった時の対応



感情をコントロールしようとどんなに頑張っていてもいろいろなことが重なり、

ついキレてしまうことだってあると思います。

ましてや社会人経験が浅い若い人なんかは特にです。


特に最近は理不尽なブラック企業も増えているため

感情のコントロールがきかなくなる機会も多いのではないでしょうか?



しかし会社で一度、キレてしまうとその翌朝から

会社に行くのが気まずいと感じることになるでしょう。


ナミ
ここで会社でキレてしまったその後の取るべき対応をご紹介します。


①たまにはキレてよし!!気にしないことが大切


会社でキレてしまった時、「社会人にあるまじき行為をしてしまった」

と落ち込んでしまうと思いますが、たまにはキレてもいいんだと吹っ切れましょう。

普段からキレている人でないならよっぽどのことがあったのでしょうし、

人には誰でも1度や2度キレた過去があるはずです。

「キレることも人間だからあるよね?」と考えましょう。


②自分が悪いなら素直に謝る


職場でキレたものの、よくよく考えると自分も悪かったよな・・

と思ったのなら、変なプライドは捨てて素直に謝りましょう。

変なプライドで謝らない人よりプライドを捨てて

謝ってくれる人の方が人間としての魅力があると、思います。


③会社に未来を期待できないなら転職活動を!


日ごろから、今の職場に鬱憤がたまっていたのかもしれません。

そうならば、この機会に転職活動をはじめてみてはいかがでしょうか?

キレたことで一時的に職場の人間の不満点も改善されるかもしれませんが

すぐに戻ることの可能性の方が高いです。

ならば、転職をして働きやすい環境を探しましょう。


④キレるほど嫌いな人がいるなら離れる


キレた相手がどうしようもない人なら、一旦距離を置きましょう。

ずっと距離を置いてもいいですし、少ししたらいつも通りに接してもいいです。

職場の人間関係は所詮は上辺だけの付き合いです。

ほどほどに付き合っていけばいいのではないでしょうか?


⑤キレてしまったことを上司に報告する


キレた理由が仕事の流れに関することであるなら、上司に相談しましょう。

キレた相手に原因があるのならば、相手に何らかの罰則を課した方がいい時もあります。

また。上司相手にキレてしまった時はさらに上の上司に相談してみるのも手段の一つです。


⑥キレたことは忘れ、何食わぬ顔で出勤する


もしかしたらあなたがキレた相手は

そこまであなたがキレたことを気にしていないかもしれません。

キレた本人が一番気にしていることはよくあることです。

普通に何食わぬ顔で出勤すればいいのではないでしょうか?

後はもう成り行きで「なるようになる」

2週間もすれば元通りになっているはずです。



まとめ



私たちは感情を持った人間です。キレることだってあります。

職場でキレることはあまり好ましい事ではないですが、

どんなに感情をコントロールしようと頑張ってみてもキレてしまうことはあると思います。


キレてしまった時は自分をあまり責めず、「そんなときもあるよ」

と前向きになれるように自分に言い聞かせましょう。



自分が悪かったなら素直に謝ればいいだけですし、

相手が絶対的に悪いと思っているならその問題点を

みんなに知ってもらえる機会でもあったのです。

ナミ
キレてしまったことをいつまでもひっぱるより

どうしたらまた元のように働けるようになるのかを

重点を置いてみましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)